小顔エステならココ!東京のサロンランキング
HOME » 理想の小顔を手に入れる!タイプ別の小顔対策

理想の小顔を手に入れる!タイプ別の小顔対策

一口に「顔が大きく見える」と言っても、その原因は実は様々。

まずは自分の顔がどのようなタイプがしっかり把握し、それぞれの原因に合ったケアを行うことが小顔への近道だと言えます。まずは自分の顔のタイプを知り、「顔が大きく見える」原因を探ってみましょう。

あなたの顔は、どのタイプ?

顔が大きくなる(大きく見える)原因は以下のようなものがあります。

むくみ

朝起きて顔が腫れぼったい人はこのタイプ

体内のリンパの流れが悪くなり、フェイスラインがぼやけてしまうことで顔が大きく見えてしまうタイプ。朝、特に目が腫れぼったく見えたり、水分やアルコールを摂りすぎたな…などの生活習慣に思い当たる場合はむくみが原因の可能性が高いと考えられます。

ゆがみ

左右が非対称ならこのタイプ

左右の目の大きさが違う、口角の角度がちがう…など、左右のバランスが整っていない場合は、このタイプ。噛み癖などの普段の生活習慣によって骨格や筋肉が歪み、顔が大きく見えてしまうのです。

脂肪

頬がふっくらor二重あごならこのタイプ

頬がまんまるに見える、下を向いたときに二重あごが気になる…という場合は脂肪が原因かもしれません。顔周りの筋肉を動かすことが少ないと、脂肪がつきやすくなってしまいます。一人暮らしや、デスクワークの人に多く見られるタイプです。

筋肉

噛み癖、エラ張りさんはこのタイプ

左右奥歯の噛み方に違いがあったり、歯ぎしりや噛みしめなどの癖があるような場合は、筋肉が発達しすぎて凝り固まり、頬や顎の周りが大きくなってしまいます。

たるみ

ほうれい線が気になってきたらこのタイプ

ほうれい線や下まぶたのくま、口角が下がってきたなと感じたら、たるみが原因の可能性があります。加齢によるコラーゲンの衰えや表情筋の退化が主な原因と言われています。

骨格

頬骨やあごの骨が出っ張っているならこのタイプ

ゆがみやむくみ、脂肪、筋肉などの対処法を試してもあまり効果が見られず、頬骨やあごが出っ張っているタイプは、生まれつきの骨格が大きいことが考えられます。

タイプ別、顔のお悩み解消法

上記で6つの顔が大きく見える原因を紹介しましたが、自分は「このタイプに当てはまる」というのがなんとなくわかったでしょうか?ここでは、タイプ別に顔を小さくする方法について紹介していきます。

むくみにお悩みのあなた

食事療法とリンパマッサージが最適。アルコールや塩分、糖分の取りすぎを控えるとともに、リンパマッサージを継続的に行うことが一番の解消法です。リンパマッサージは自分でも行えますが、手の届かない場所もあるため、定期的にエステサロンなどでケアを受けるとさらに高い効果が期待できます。

ゆがみにお悩みのあなた

ツボ押しや、噛み癖を治すトレーニング、また片方だけに重心をかける生活習慣を改善しましょう。即効性を求めるのであれば、小顔矯正やコルギなどもおススメです。

脂肪におなやみのあなた

頬やフェイスラインに余分な脂肪がつきすぎている場合、筋肉を鍛え、脂肪を落とすエクササイズが効果的。また、脂肪吸引やメソセラピー、超音波なども効果が見込めます。

筋肉(固太り)にお悩みのあなた

噛み癖や緊張によって筋肉が発達し、凝り固まって顔が大きくなっている場合、ガム噛みエクササイズで偏りを調節すること、またボトックス注射で筋肉を衰えさせる方法がお勧めです。

たるみにお悩みのあなた

筋肉の衰えと、加齢によるコラーゲン不足が主な原因です。

食事療法と筋肉トレーニング、エステサロンでの小顔ケアなどがお勧めです。また美容整形によるリフトアップ術も効果があります。

骨格でお悩みのあなた

美容整形による骨削り術や、ヒアルロン酸注入でバランスを整える方法が効果的です。

スッキリ小顔を叶えるためには、それぞれの原因に応じた対処法が最も近道。エステや整体院などを上手に使ってお手軽に小顔を手に入れましょう。

 
本当に小顔になるのか?! いちおしサロンで小顔エステを体験!

長らく一人暮らしで、残業続きで不摂生が続いた私。ある日、鏡を見ると自分の顔が妙に大きく見えて驚き、焦って「小顔になる方法」を色々と調べ始めました。調べた小顔ケアやグッズを色々と試した結果、少しずつ顔が小さくなっていく過程が嬉しくて、自分が調べたことをまとめたサイトを作ってみました。同じように顔やせに悩んでいる人に、少しでも助けになれば幸いです。