小顔エステならココ!東京のサロンランキング

小顔エステならココ!東京のサロンランキング

HOME » 顔が大きくなる原因と解消法 » 顔がパンパンにむくむ

顔がパンパンにむくむ

朝に起こりやすい顔のむくみや腫れぼったさの原因、また、つらいむくみをスッキリ解消する方法を研究・紹介しています。

フェイスラインがぼやけて見えたら「むくみ」かも?

朝起きた時、「あれ?今日は顔が大きく見える…」ということはありませんか?

太ってもいないのに、耳からあごまでのラインが心なしか膨らんで見えたり、目がいつもより小さく見えたり…そんな場合は、顔のむくみが原因であることが多いもの。

むくみとは、体内をめぐるリンパの流れが悪くなり、老廃物や水分が体にたまって膨らんで見える状態を指します。

むくみは顔やふくらはぎ、二の腕など、皮膚が薄い部分に出やすく、また朝は顔に、夜になると脚にでやすいと言われています。

マッサージや水分補給でケアすることができますが、頻繁にむくみを繰り返すことで皮膚の「たるみ」につながってしまうこともあるため、日頃からむくみにくい生活習慣対策を取ることがおすすめです。

アルコールと塩分の摂りすぎには要注意!

むくみの原因として代表的なものは以下の3つに分けられます。

  • アルコールの摂りすぎ
  • 塩分・糖分の摂りすぎ
    アルコールや塩分を摂りすぎると、のどが渇き、水分を飲みすぎてしまいます。その結果、余分な水分が体内に蓄えられ、むくみへとつながってしまいます。また、アルコールや塩分を飲んでも水を飲まなかった場合は、体が今ある水分をため込もうとしてやはりむくみにつながってしまいます。糖分も水分をため込む性質があるため、摂りすぎには注意が必要です。
  • 冷え・運動不足などの血行不良
    冷えや長時間同じ姿勢を続けることによるコリなどで血行が悪くなっている場合、体から老廃物や水分がうまく排出されずたまってしまうため、むくみにつながってしまうことがあります。

以上のように、多くのむくみの原因は水分調整がうまくいっていないことで起こるものですが、PMS(月経前症候群)、肝臓や腎臓などに問題がある場合もむくみが起きます。生活習慣を改善してもむくみが長期間続く場合は、受診をお勧めします。

むくみ解消法~マッサージと水分補給がカギ

むくみを解消する方法は、以下の2つが効果的です。

リンパの流れを良くすること

頬骨の内側や耳の下から首筋、鎖骨の上側などが老廃物がたまりやすい部分。むくんでいるなと感じたら、これらの部分をゆっくりとマッサージするとスッキリします。また、冷たいタオルと温かいタオルを交互に当てて血行を促進する方法も、急いでいる時は特に効果的です。

適切に水分を取ること

一度に水を飲むのではなく、温かい水分を少しずつ、継続的に摂りましょう。また、塩分の排出を促すカリウムを含む食品(バナナ、もも、ひじき、アボガド、納豆など)を摂ることもオススメです。

 
本当に小顔になるのか?! いちおしサロンで小顔エステを体験!

長らく一人暮らしで、残業続きで不摂生が続いた私。ある日、鏡を見ると自分の顔が妙に大きく見えて驚き、焦って「小顔になる方法」を色々と調べ始めました。調べた小顔ケアやグッズを色々と試した結果、少しずつ顔が小さくなっていく過程が嬉しくて、自分が調べたことをまとめたサイトを作ってみました。同じように顔やせに悩んでいる人に、少しでも助けになれば幸いです。