小顔エステならココ!東京のサロンランキング

小顔エステならココ!東京のサロンランキング

HOME » 顔が大きくなる原因と解消法 » 顔が左右非対称になるゆがみ

顔が左右非対称になるゆがみ

顔の左右が非対称になってしまうゆがみについて、噛み癖や重心のバランスなどから原因や解消法を紹介しています。

「左右対称」は美人の代名詞

特に太っているわけではないのに、顔が大きい気がする…。

ダイエットをして脂肪が落ちても顔が小さくならない…。

このようなとき、顔の骨格のゆがみに原因がある場合があります。

鏡を見た時に、両目の大きさが違って見えたり、片方の頬や口の端が下がって見えたりしたら危険信号。

「左右が対称になっていない」というのは骨格が歪んでいるサインです。左右非対称の顔よりも左右対称のほうが整って美しく見えますし、美人女優やアイドルなど美しいと言われる人たちの顔は大多数が左右対称に近い顔立ちをしています。

もちろん生まれ持った骨格から、完璧に左右対称の人は少ないのですが、鏡で見て気がつくほどの左右が非対称であれば、生活習慣で歪んできた可能性が高いと言えます。ゆがみを直すことで顔がスッキリと見え、顔立ちも美しく整えることができるのです。

こんな人は歪みやすい

顔が左右対称じゃないかも?と思う場合、以下のことに心当たりはありませんか?

  • 肩・首のコリがひどい
  • よくほおづえをつく
  • 食事のときに片側ばかりで噛む
  • 立っているとき、片脚に重心をかけていることが多い
  • うつ伏せや横向きで寝る
  • イスに座ると脚を組みたくなる
  • バッグをいつも同じ側の肩にかける
  • 口を大きく開けるとアゴがカクっと音がする

あてはまる数が多いほど、歪み度大!です。

ツボ押し、噛み癖、姿勢…生活習慣でゆがみを改善

顔のゆがみに聞く対処法をいくつかご紹介します。

かんりょうのツボ

目じりの下から真っすぐ下にいった頬骨のすぐ下にある「かんりょう」というツボ。この部分に指を宛、押し上げるように刺激しましょう。この時に口を大きく開けるとより効果的です。

噛み癖を治す

右利きの人は左の奥歯ばかりで噛んでしまうことが多いと言われていますが、どちから片方ばかりで噛むと、噛んでいる方には筋肉がついてしまい、噛んでいない方にはたるみができてしまって、顔が歪んできてしまいます。

そうならないためには、なるべくいつもと違う方で噛むように心がけること。ガムを右側と左側で一つずつ噛むのもお勧めの方法です。また、奥歯だけではなく、前歯も使うように意識してみましょう。

長年の噛み癖があっても、しっかりトレーニングを続ければ3ヶ月ほどでゆがみが改善されてきます。

姿勢を正す

猫背や頬づえ、脚を組むなどの偏った姿勢も歪みを増長してしまう理由の一つ。頬づえや脚を組まないようにする、または頻繁に左右を替えるなど日々の生活から意識していくことが大切です。また、体幹を鍛えて体全体をしっかりと支えられるように筋肉を整えていくことが、根本的な解決方法と言えるでしょう。

 
本当に小顔になるのか?! いちおしサロンで小顔エステを体験!

長らく一人暮らしで、残業続きで不摂生が続いた私。ある日、鏡を見ると自分の顔が妙に大きく見えて驚き、焦って「小顔になる方法」を色々と調べ始めました。調べた小顔ケアやグッズを色々と試した結果、少しずつ顔が小さくなっていく過程が嬉しくて、自分が調べたことをまとめたサイトを作ってみました。同じように顔やせに悩んでいる人に、少しでも助けになれば幸いです。