小顔エステならココ!東京のサロンランキング

小顔エステならココ!東京のサロンランキング

HOME » 顔が大きくなる原因と解消法 » 噛み癖による固太り

噛み癖による固太り

顔の固太りの解消法や噛み癖によって筋肉が発達しすぎなどいろんな症状を紹介しています。

「顎の使いすぎ」が固太りを引き起こす

「固太り」とは、筋肉がついて凝り固まってしまった状態を指します。

特に、脂肪の上から筋肉がついてしまうとダイエットやリンパマッサージだけでは落としにくいため、顔全体が大きくなったように見える状態が長く続いてしまうこととなります。

このような固太りを引き起こす原因は、「噛み癖」や「歯ぎしり・噛みしめ」などの、「筋肉の使い過ぎ」と「緊張」から来るものがほとんどです。

「噛み癖」は、知らず知らずのうちにどちらか一方の奥歯ばかりでものを噛んでしまうこと。よく使う側の顔の筋肉だけが発達してしまうので、片側だけにほうれい線ができてしまう恐れもあります。また、顔全体のゆがみにもつながります。

「歯ぎしり・噛みしめ」は、日中や寝ている間など無意識のうちに歯を噛みあわせて力を入れている状態なので、次第に筋肉がついていき、固くなってしまいます。

固太りを解消するためには、凝り固まった筋肉をほぐし、リンパを流すと同時に、噛み癖や歯ぎしりを矯正し、根本的な原因を解決することが重要となります。

偏った噛み癖を治すには

顔のゆがみや固太りを引き起こす噛み癖。普段の食事の際に、余り噛まない方で意識して噛むようにしていくことが大切ですが、ついつい忘れてしまう人のために、ガムを噛むエクササイズをお勧めします。

ガム噛みエクササイズ

ガムを口に入れ、右の奥歯でゆっくり10回噛みます。次に左の奥歯でゆっくり10回噛みます。続いて、右で少し早めに20回、左でも同じくリズミカルに20回噛みます。

この動きを1日3回、できれば毎日続けることで、筋肉のバランスを整える効果が期待できます。

歯ぎしり・噛みしめを治すには

知らず知らずのうちに力が入ってしまう歯ぎしりや噛みしめに対しては、次の3つの対処方法が知られています。

  • 就寝時、ナイトガード(マウスピース)を口に入れる
    歯科医院で自分の歯にぴったり合うものを作ってもらえます。寝ている時、無意識に噛みしめても、マウスピースが歯と歯の間に入って、あごに力がかかりすぎるのを防いでくれます。
  • ストレスの原因を取り除く
    歯ぎしりや噛みしめを行ってしまう原因は、疲労やストレスなどと言われています。仕事のやり方を見直すなど、できるだけゆっくり休める生活環境を整え、一日の終わりにはお風呂につかるなど、リラックスできる方法を摂りましょう。肩こりや目の疲れを引き起こすパソコンの使い過ぎにも要注意です。
  • 「噛みしめない」と自己暗示をかける
    非科学的ながら、意外と効くのがこの方法。寝る前に「噛みしめたら起きる」などと自分に言い聞かせながら眠りにつくと、だんだん噛みしめないようになってくる場合もあります。日中でも「噛みしめているな」と気付いた時にあごの力をゆるめ、どんな時に噛みしめていたかメモを取っておくのもお勧めです。
 
本当に小顔になるのか?! いちおしサロンで小顔エステを体験!

長らく一人暮らしで、残業続きで不摂生が続いた私。ある日、鏡を見ると自分の顔が妙に大きく見えて驚き、焦って「小顔になる方法」を色々と調べ始めました。調べた小顔ケアやグッズを色々と試した結果、少しずつ顔が小さくなっていく過程が嬉しくて、自分が調べたことをまとめたサイトを作ってみました。同じように顔やせに悩んでいる人に、少しでも助けになれば幸いです。